会社で使用する3つの印鑑

  • RSS

会社で用いる印鑑は、特に「社判」と呼ばれています。
所在地をスタンプで押す判子や銀行印、認め印などの総称で、広範囲の意味で用いられるので、どの印鑑のことを指しているのかしっかりと認識する必要があります。
会社で必要となる判子は、実印・銀行印・角印の3種類になります。

会社実印は、法務局へ登録する代表印で、印鑑証明は法務局が発行します。
代表者印や丸印と呼ばれることもあります。
会社の本社所在地の変更や、代表者変更の場合には新たに届け出る必要があるので注意が必要になります。
また、盗難被害などのリスクを抑えるためにも、法人と個人では実印や銀行印は別々に用意しておくことが基本です。
会社銀行印は会社が銀行に届け出る会社の判子です。

会社認め印も個人の持つ認め印とほぼ同じ役割を果たします。
社員一人ひとりの名前が彫られ、確認などに用いられます。
特徴的なのは角印になります。
会社実印よりやや大きめの法人名だけを彫った四角い判子です。
会社全体の認め印にあたり、契約書や見積書、領収書などを確認するための判子で、会社名が入っているのが一般的です。
この角印だけでは、公文書として使用する際には認められないこともあります。

重要な契約書などには、代表者印と合わせて捺印されることがほとんどです。
社判として使う会社の実印の大きさには規定があり、法務局に届出を行う際には一辺が1センチを超え、3センチの正方形に収まらなければなりません。
法人名は漢字やひらがな、カタカナ、その他にアルファベットでの登録も可能です。



~ 厳選!お得情報 ~

実印や銀行印はしっかりしたものを作ることをお勧めします。
印材として象牙は歴史も古く暖かみがあり、お手入れをしっかりすれば半永久的に使えるほど丈夫です。
象牙の輸入はワシントン条約によって禁止されていますが、
今国内にある象牙は全て登録されているので安心して使用することができます。
→長く使える印鑑選びを確認する。

このページの先頭へ